2020年卒学生向け就活支援ブログ

就職活動の上位質問:PART1

就職活動ではエントリーシート(ES)や面接での頻出質問というものがあります。
それらを知り、自分の回答をしっかりと考えていくことも就職活動に向けた大切な準備になります。

そこで当ブログでは今回と次回の2回に分けてエントリーシートや面接での上位質問の回答の中で期待されている視点を、画像解説を中心にお届けしたいと思います。

就職活動の3大質問

今回取り上げたのは、就職活動の3大質問といわれる志望動機、自己PR、学生時代に力を入れたこと(通称:学チカ)です。

それぞれの様々なポイントについてはまた今後もテーマを設けて記事にしていきたいと思いますが、今回、まずはダイジェストとして画像を中心に理解を進めていただけたらと思います。

2019_img01

特に今年、大学の現場ですでに早期選考などの添削を行うなかで目立っているのは、志望動機の浅さです。
企業のどこに興味・関心を持ったのかということが並んでいるのですが、大切なあることがないのです。

大切な自分自身のこと

それは自分の情報です。
志望動機のなかにあるのは強みや将来性など企業の情報ばかり。

しかし企業が知りたいのは、当社のどこに興味を持ったのかということではなく、なぜこの学生が志望してくれたのかということ。

ぜひ「だから君が応募してくれたんだね!」と思ってもらえるような志望動機を目指したいですね。

また自分のことが見えなくなってしまっているという点では、自己PRや学生時代に力を入れたことのエピソードで、グループ活動や部活動など皆で取り組んだという内容の時に、全てが「皆で」となってしまい、自分自身の役割や担ったことが抜けているケースも目立ちます。


やはり企業が知りたいのは自分自身のことなので、ここでもしっかり自分の姿を見えていきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エントリーシートカテゴリーの最新記事

もっと見る