私たちの思い

この就活支援サイト『就活ガイドネット関西』(通称:ガネット/Gannet)を立ち上げた2016年は、熊本県の熊本市や南阿蘇村などを中心に熊本大地震が発生した年です 。


その5年前、弊社を設立した2011年には、東北地方太平洋沖地震があり、甚大な被害をもたらしました。


こう言った震災の影響からか、若者の意識は徐々に生まれ育った故郷や家族への絆、友達の絆と言ったものを大切にするようになり、加えて奨学金受給学生の割合も50%を超えた状況も影響してか、学生の就活において地元関西で就職を希望する学生の数も顕著に増えて行きました。


【参考】日本学生支援機構の「学生生活調査」(2016年度)によると、奨学金を受給している学生の割合は、大学学部で48.9%、大学院修士課程で51.8%、大学院博士課程で56.9%になる。


そこで、私たちイーパフォーマンス株式会社は、「webを通じて関西の企業の業績向上支援を行う会社」として、関西に本社を置く企業と地元志向の優秀な学生との最適な出会いを実現出来ればと思い立ち上げたのが、就活支援サイト『就活ガイドネット関西』(以下、ガネット)です。


立ち上げ当初は、関西以外に転勤の無い企業(主に中小企業や地場の企業)にターゲットを絞り掲載頂いておりました。
しかし、地元関西に本社を置く企業のニーズとしては、地元志向学生だけでは無く、また優秀な学生も地元志向だけでは無い事も分かりました。


そこで、『就活ガイドネット関西2019』からは、サイトコンセプトを「関西に本社を置く企業と本気で就活に取り組む学生の最適な出会いを提供する就活支援サイト」に変更し、全国に転勤のある上場企業も含め、広くご掲載頂いております。


今期2022年卒の学生を対象にした『就活ガイドネット関西2022』の特徴は、以下の3つです。もし共感頂けましたら、有効にご活用頂ければ幸いです。

1. 就活支援ブログを現役の大学講師が随時提供

CDA(Career Development Adviser)の資格を活かし、キャリアアドバイザー、キャリアデザイン科目の現役の大学講師であるサインキャリアデザイン研究所 代表 篠原功治 氏が毎週就活に関する情報をブログで発信してくれます。記事で、就活に必要な心構えや身だしなみから、エントリーシートや面接で失敗しない為の注意点等を細かくアドバイスし、本来の自分を企業に伝える為の本質的アドバイスを行っています。

2. 新卒募集企業の募集情報掲載は無料。あまり知られていない企業を数多く紹介。

従来の大手就職ナビのように、高い掲載料を取るのではなく、より多くの関西本社企業の募集情報を学生に提供して欲しいので、掲載は無料にしました。関西に本社を置く小規模でも優良な企業や、スタートアップ後注目の成長をしている企業、長年にわたる歴史を大切にしている安定企業など、ふだんあまり目にすることのない関西の多くの企業の募集情報も提供していきます。

掲載希望の企業の方はこちら

企業と学生の偶然性の高い出会いを実現する就活イベント「ガネット就活支援セミナー」も実施しております。
※3月中旬以降は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、就活イベントは全て中止しております。

詳細はこちら

3. 学生は、このサイトの利用にあたり、会員登録は不要。

従来の大手就職ナビは、学生を会員登録させ、一括でのエントリー等を可能にしていますが、ガネットでは、会員登録は不要にしました。その分、1社1社の企業を調べることなく安易にエントリーできる「一括エントリー」や「一括応募」もありません。つまり、応募に対しては、その会社のことを知った上で個別応募をしてもらうことになります。つまり、志望度の高い企業への応募が中心になるということ。結果、企業は、自社への志望度の高い学生と会う事が出来、学生と企業のベストマッチングの実現を目指します。
また、会員登録させない事で、学生の個人情報をサイトが保管したり、DMやメール配送などの商業利用もできません。リスクを少なくし、安心を担保する就活支援サイトです。

学生のみなさんも、募集企業のみなさんも、無料でガネットを利用頂けますので、どうぞ積極的にご活用ください。

『就活ガイドネット関西』の通称:ガネット(Gannet)の語源 ガネット(Gannet)は、カツオドリ(鰹鳥Sulaleucogaster)の英名でもあります。 ガネットは、大きな海鳥で、南大西洋やインド洋、太平洋の西部で優雅に羽ばたく鳥です。 学生が「ガネット」で自身にとって最高の企業との出会いを実現し、是非社会と言う大海原で大いに羽ばたき、活躍して欲しいと思います。また企業も将来の会社を担う若い優秀な人材との出会いにより、大きく発展いただきたいと願っております。

イーパフォーマンス株式会社
代表取締役 安達圭三