2020年卒学生向け就活支援ブログ

自己PRの様々な舞台

自己PR作成にあたって何の活動を取り上げようか?


毎年多くの学生が考えるところだと思います。
なかにはクラブ・サークルもアルバイトもやってこなかったから書くことがない…という悩みの相談も受けます。
そこで今回はこれまで先輩たちがどんな活動を取り上げてきたのか?その代表的な活動の舞台を一覧にしてみました。


その中でも多いのはやはりクラブ・サークル活動とアルバイトですが、最近は産学連携活動や域学連携活動、インターンシップなどの活動も自己PRでは多く登場するようになってきました。
これらは特に自己PRエピソードで期待されている「課題解決のプロセス」をしっかり説明できるという点でも有効だと思います。

意外なエピソードのヒントは「学業」

それでもやっぱり取り上げる活動が見つからないとき、意外なところにヒントがあるのが学業です。
もちろん、ただ教室の席に座って講義を聞いているだけの科目に自己PR要素はあまりないといえますが、課題を与えられて複数名である程度の期間をかけて成果を生んだような科目があれば、それは自信を持って作成できる自己PRになると思います。


先日もある心理学科の学生が「何も活動をしてこなかったから自己PRできるものがない」と悩んでいたのですが、学業のことを聞くと、どうやらグループで心理系のグループワークを創作するという実習があったということで、その過程での自分の役割や工夫などを説明する立派な自己PRが完成しました。

もしも同様の悩みを持っている方は、一度これまでの学業(科目)から何か自己PRできるものはないか考えてみてはどうでしょうか?
クラブやサークル、アルバイトなどはやっている人もやっていない人もいますが、学業だけは必ず皆が取り組んでいますよね。

1659_img02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エントリーシートカテゴリーの最新記事

もっと見る