2020年卒学生向け就活支援ブログ

会社でなく職種を軸にした志望動機とは?

就職活動が少し続いていると、応募企業そのものに興味、関心があるというよりも、事務職や営業職など応募職種が先に立つということがあると思います。

そんな時になかなか企業への興味、関心の理由を述べる志望動機が作れないという相談がありますが、実は職種、仕事内容をベースにした志望動機というものがありますので、今回はその展開例を紹介したいと思います。

実際に職種から入る志望動機は、中途採用の場ではむしろ普通であり、学生の場合はなかなか仕事に就いての理解が進んでいないことから、企業への興味、関心をベースにした志望動機になるのだといえます。

職種への志望をベースとした志望動機の作り方とは?

これまでであれば企業のどこになぜ興味、関心を持ったのかという企業と自分との接点を先に述べていたと思いますが、この場合にはなぜその職種を目指すのかという動機を先に持ってきます。


例えば「大学で様々なOA技術を学んだ」「事務のアルバイト経験がある」だから事務職を志望している、「産学連携のプロジェクトに参加し周囲の人への提案の活動を行ってきた」だから営業職など、何を通じてその応募職種に就きたいと思ったのかということを挙げていきます。

そのうえで、なぜその企業なのかということについては、自分が感じるその企業の強みや将来性などを挙げていくという流れです。

これは自分の経験や就職軸と企業そのものを結び付けるのは難しくても、応募職種になら結びつけることができるとしたら、それもまた有効な志望動機になるということです。

そうすれば応募企業が変わるたびに、その企業の事業と自分との接点を考える必要もなく、職種をベースとすることで業界や事業内容が違ってもなお、より応募の幅が広がるといえます。

参考までに文例も挙げてみましたので参考になれば幸いです。

2434_img02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エントリーシートカテゴリーの最新記事

もっと見る