2020年卒学生向け就活支援ブログ

志望動機の根っこは志す理由

企業への志望動機を考える際に、皆さんは何を考えるでしょうか?


多くは企業のどこに興味、関心を持ったかを考えるのではないでしょうか?

実際にこれまでの多くの志望動機ではそんな「御社(貴社)の〇〇に興味を持ちました」という志望動機が大半を占めていた印象があります。

しかし一方で少数派ですが、興味や関心の理由ではなく、そこで働く目的や目標を取り上げた志望動機もあり、企業の感心はそちらの方に向いていました。

志望動機とは志し望む動機だということ

それはまさに本来、本物、本当の志望動機だったからだといえます。

本来の志望動機とは文字通り、それを志す理由であり、どこに興味を持ったのかではなく、何のためのその企業への就職を望むのかというものになります。

それは言い換えれば入社への目的や入社してからの目標を問うというものです。

もちろんきっかけはその企業を知ったうえでの興味や関心から始まるものだと思います。

しかしその時点で安易に「だから入社したい」という志望動機が目立ったのが今年の就職活動です。きっと短期戦といわれるなかで十分に興味・関心以上の目的・目標を持つところまで至らないまま応募した結果ではないでしょうか?

そういった意味では決して企業に対して興味・関心を持った点は意味がないということではなく、興味・関心から目を留めるきっかけになった企業を就職先として志望すると決めたからには、それを発展させてその企業で働く目的や目標をしっかり考えて志望動機にしていくことが大切だといえます。

そこまで展開できる学生が今年は極めて少数派だからこそ、これから新たに志望動機を考える際には差がつくポイントとしてぜひ活かしてほしいと思っています。

2389_img02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エントリーシートカテゴリーの最新記事

もっと見る