2019年卒学生向け就活支援ブログ

壁にぶつかることの強さ

いま現在、19卒の就職活動は中盤戦だといえる時期だと思います。
大手を中心とした6月の面接開始時期までが前半戦だとしたら、いまが中盤戦、年末以降が後半戦だといえるでしょう。

そしていま頑張っている皆さんは少なからずいくつかの壁にぶつかっているのではないでしょうか?

私も大学内で学生対応を行っているなかでそんな壁にぶつかりながらもまた相談に来てくれる学生が多くいます。同時にまだ進路は決まっていないけど顔を見せなくなる学生もいます。

そんななかいくつかの結果を突きつけながらも引き続き相談に来てくれたり、自分自身で諦めずに頑張っている学生は本当に強いと思うことがしばしばです。

壁を前に引き返す人や立ち止まる人がいるなかで

2357_img02

なぜなら壁にぶつかるということは、決して歩みを止めずに前進している証だから。
前に進んでいるから壁にぶつかる。前に進もうとしなければ壁にもぶつからないというシンプルな論理だといえるのではないでしょうか?


現に一度、壁にぶつかり引き返してしまう学生もいるのです。
また大きな壁を目の前にして立ち止まってしまった学生もいるでしょう。

だからこそいま壁にぶつかっている自分は「どれだけ諦めずに頑張っているのか」ということをまずは自分で評価してほしいと思うのです。

大学の中だけでなくtwitterなどSNSでも、何度も弱音を吐きながらも、翌日のツイートでは「ということで説明会に行ってきます」というような光景を何度も目にします。
それを目にして本当に「なんと前進を諦めない力なんだ!」と思います。

もちろん前進を続けるからこそ壁にぶつかるなかで、それを乗り越える方法を考えることも大切です。これまでと違った壁が立ちはだかった時には、また新たな乗り越える方法も大切。

いまそうやって少しずつ様々な壁を乗り越える力を身につけていっている自分を信じて、この中盤戦も乗り切ってほしいと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面接カテゴリーの最新記事

もっと見る