就活ブログ

自分からか?相手からか?初動を大切に

953_img02

自分からか?相手からか?あなたはどちらのタイプ?

例えば皆さんは初めての人と接するときどちらのタイプでしょうか?

●相手が受け取る気持ちを重視し、自分から積極的に明るい表情で働きかける。
●まずは相手の自分に対する接し方を見て、心が許せたら自分らしく接することができる。

簡単にいえば、自分から動くか?相手からの動きを待つか?の違いですが、こと就職活動においては前者であってほしいと切に思っています。
なぜなら仕事の原理原則は収入を得る側からの提案・働きかけであり、さらに面接などの選考の場では、その日会ったその日の自分が評価され、面接合格・不合格の決定が下されるからです。 いわゆる最初は人見知り、最初は相手の様子をうかがいながらも、噛めば噛むほど味が出るスルメのような人間では、そこまで企業は長く付き合ってくれないし、気長に待ってくれないということです。

面接は先手必勝!後出し厳禁!

そういう意味でも選考は先手必勝!後出し厳禁!
「フレンドリーな面接官にアットホームな空気を作ってもらえて話しやすかった」ではなく、むしろ自分から気難しい面接官も笑顔にさせアットホームな空気を作っていくことが大切です。そしてこれは、ほんのちょっとの心がけだと思うのです。
勇気を出して自分から!
声が震えようが、しどろもどろになろうが構いません。
相手を尊重するからこそ自分から動く、その姿勢こそ大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者プロフィール

篠原 功治

学生・若年者キャリア支援活動を軸とした「サインキャリアデザイン研究所」の代表を務める傍ら、CDA(Career Development Adviser)の資格を活かしキャリアアドバイザー、キャリアデザイン科目の講師として、神戸大学、甲南大学、広島工業大学、安田女子大学など約20校の大学、短大、専門学校に登壇中。
就活学生むけの面接対策講座等は、毎年高い評価を得ている。

面接カテゴリーの最新記事

もっと見る