2019年卒学生向け就活支援ブログ

偏った志望先~18卒のふり返り①~

今回からこちらの「ガネット(就活ガイドネットの略)ブログ」では19卒向けの学生の皆さんに対する記事を発信していきます。


自己分析やエントリーシート、面接など皆さんの就職活動の時期に合わせてタイムリーに発信していきますので、ぜひお付き合いください。

3月→6月の短期戦

19卒は18卒と同じスケジュールで就職活動が行われます。

簡単にいえば3月募集情報・エントリー解禁からの6月面接開始という流れです。

一部6月から選考そのものの開始という認識もあるかもしれませんが、実際には3月のエントリー解禁と同時にエントリーシート(ES)などによる書類選考は開始されるので、あくまで6月は面接の開始に当たると見てもらえたらと思います。

そしてその6月面接についても多くは日本経団連所属企業の動きであり、外資や中堅、中小企業などは6月前に積極的に面接、内々定出しを行うケースもあるということを知っておいてもらえたらと思います。

いずれにせよ、かつて募集情報・エントリー情報の解禁は3年次の10月だったことを考えると非常に短期戦となった就職活動だといえます。

大手&金融過剰集中の18卒

さて今回、皆さんに共有したいのは18卒のふり返りとしての求人倍率という指標です。

これは「求人数÷志望学生数」を企業規模別、大別した業界別で示したもので、学生の志望がどこに集まっているかなどを知ることができます。

今年の求人倍率の調査結果を見れば、ひと言で「大手&金融過剰集中型」だといえます。従業員5000人以上の企業に対する求人倍率は0.39倍とリーマンショック直後に並ぶ学生にとっての厳しさになりました。また業界別で見ると銀行を中心とした金融の求人倍率は17卒に続いて0.19倍と超狭き門。売り手市場と謳われたなかでの現実がここにあります。

普段大学で学生と接している私の実感としてはマスコミなどによる「空前の売り手市場」などという報道が多くの学生の安心感を生み、その結果、過剰に志望集中する場ができてしまったのだと思います。それが大手であり金融業界であるということ。

ちなみに従業員5000人以上の企業の求人倍率がこれだけ下がった背景は、この規模の企業に志望する学生が17卒と比較して1.5倍に増えたことです。

また銀行は大手3銀行が18卒の新卒求人数を約25%削減したことも影響しています(実際に銀行は好景気とはいえない)

1515_img02

18卒の振り返りでまずいえることは「選択肢の狭さ」

学生のエントリー企業数も極端に減り、限られた業界、企業への一発本番の応募が多く起こりました。ここから19卒の就職活動においてどうするべきか?そんなことを考えるきっかけになっていただけたらと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己分析カテゴリーの最新記事

もっと見る