就活ブログ

人生・仕事の成果=能力×熱意×考え方

さて、上の公式は何だと思いますか?
こちらは京セラの創業者であり、近年では経営破綻したJALの業績をわずか3年でV字回復させ再上場させた経営者、稲盛和夫氏が提唱された式です。

この式では「人生や仕事の成果は能力と熱意と考え方の掛け算である。しかし考え方には(マイナス)という数値も発生し、もし考え方がマイナスとなれば掛け算の積はマイナスにしかならない。それどころか、考え方がマイナスなら能力や熱意が高いほど大きなマイナスの積を生み出す。よって人生や仕事の成果には能力や熱意以上に考え方が一番大切である」と言われています。

完全犯罪をたくらむ頭のいい悪党などは、考え方がマイナスで能力・熱意が高い悪い例かもしれませんね。

私が就職活動にもこの式を取り入れて自分自身を見つめ直してほしいと思っているのは、ほとんどの企業がこの「考え方」を採用選考の場でも重視しているためです。

自己中心的な考え方でいいのか?

例えば私も新卒採用の面接に従事していた時にとても仕事能力が高そうで、仕事に対する熱意が半端ない学生がいました。
そして質問しました。
「あなたは5年度、どうなっていたいですか?」
その学生は胸を張って答えました。
「はい!私は御社で3~4年お世話になり人材業界を学び、5年後には起業したいと思います!」
結果は不採用です。
お世話になる?学びたい?ノウハウを盗んで独立したい?競合になりたいってこと?
「あなたにとって働くとはどういうことですか?」
「仕事で何を実現していきたいですか?」
「学生と社会人の違いは何だと思いますか?」
「5年後、10年後の人生の目標は何ですか?」
これらはまさに皆さんの「考え方」を確認するのが目的の質問だと思います。
組織の一員として共に働くとはどういうことか?
お金を稼ぐとはどういうことか?
自分にとって働く目的は何か?
ぜひ自分の考えをしっかり整理していきたいですね。

どんな考え方なら評価されるのか?
それは皆さん自身の価値観なので強制はしませんし、強制できません。 ただし一つだけ挙げるとしたら、自己中心的な考え方の持ち主は採用されることはないということだと思います。

1159_img02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者プロフィール

篠原 功治

学生・若年者キャリア支援活動を軸とした「サインキャリアデザイン研究所」の代表を務める傍ら、CDA(Career Development Adviser)の資格を活かしキャリアアドバイザー、キャリアデザイン科目の講師として、神戸大学、甲南大学、広島工業大学、安田女子大学など約20校の大学、短大、専門学校に登壇中。
就活学生むけの面接対策講座等は、毎年高い評価を得ている。

面接カテゴリーの最新記事

もっと見る